東京都国分寺市から見た
ダイアモンド富士

                             トップページへ
                          「ひかり星の会」へ
                               2018.9/19作成

はじめに
  国分寺市は東京都のほぼ中心にあるが,近年ビルやマンションが多数建設されて富士山が見にくく
 なってきました。
  それでも,まだ富士山がみえる箇所を見つけることができますので,富士山頂に沈む太陽をとらえて
 みました。

   
    (A)富士見台団地南の坂道     (B)国分寺第二小学校屋上
   
   (C)国立駅北東のみふじ幼稚園わきの坂    (D)谷保天満宮(国立市)梅園南東部の道

予報の試み

   右のグラフは,地図上の撮影地点と太陽の赤緯
 の関係を示しています。
  A〜Dの地点はそれぞれ上の写真の撮影地点の
 位置をその地点と富士山の方位を結ぶ直線の距  離を示しています。
  横軸の表記の「二小」は国分寺第二小学校で,
 第二小学校を起点として上記の直線間の距離を
 示すものです。

  グラフを見て分かるように,非常に良い直線上に
 各地点が乗っていますので、最小自乗法で直線の
 式を求めてみますと
      Y=0.0064417X-22.864
 となりました。
  この式を用いて,次回のダイアモンド富士の予報
 を求めたのが地図上に描いたものを下に表示しま した。
 

補足
  
撮影地点Bからのみた富士山頂の方位は,地球を球体と仮定して両地点の緯度・経度から球面三角
 方により求めると,真西から南へ30.5°と得られましたが、これは地図上で 分度器で得た値と0.1°の
 違いしかありません。
  なお,この方向から直角に撮影地点が1km離れると、富士山頂の方向は約0.5°変わります。

2018年冬至前後でダイアモンド富士が見られる日の予報 ↓
   地図上の直線の端に示された数字は2018年12月〜2019年1月の日付を示しています。

   
    国分寺市西部(JR国立駅付近)    ↑ 国分寺市中央部(JR西国分寺付近)


 

                    ひかり星の会へ
                 

                    ひかり天体観測所トップページへもどる